つ、つ、ついに!

ゲットしましたよNew Mac!!

…miniだけど。

でも自分が扱うぐらいの音源制作には充分なスペックらしいので充分かなぁと♪

MacProを買う余裕があればいいんですけどね。それは次の機会の楽しみにとっておくということで。

思えば、長らくMacBook(初期モデル)は頑張ってくれていました。

初めてのMac、長らく夢見ていたMacが僕のところにやってきたのが2006年ですから、7年も付き合ってくれていたんですね。

MacBookのOSが10.6であるSnow Leopardで頭打ちとなってしまってLionに移行できなくなってから3年、DTMソフトに動作が軽いReasonを使っていたこともあって長らく頑張ってくれていましたが、自分が手がける音源のトラック数が増えていっていることもあってReasonでさえフリーズが頻繁に起こるようになっていました。

ついに世代交代の時がやってきてしまったようです。

 

貧しく苦しい生活の中、いつかはMacで音源制作をと夢見て希望をつないで日々を送っていた頃もありました。

念願のMacを手に入れ、生活のレベルが上がったことを実感しました。

Garage Bandを使い始めた時の高揚感。

人生を切り開こうとグラフィックソフトの習得に集中した一年間。

グラフィックの職に就き、現場で要求されるスキルに到達しようと奮闘した日々。

オヤジバンド「Central Avenue」でのデモ制作とReasonへの音源制作環境のステップアップ。

Vocaloidサークル「VocaLA」での編集担当。

 

思い返せば、MacBookとともに僕の暮らしと音楽はステップアップしてきました。

 

今はクローゼットの棚の中で静かに余生を送ってる思い出の詰まった愛機です。

 

その愛機が培ったデータやノウハウを引き継ぎ、僕の2代目MacとしてMac miniが始動しました。

 

これからは、このコンパクトで可愛らしい相棒とガシガシッと曲を作っていきたいと思います。