アッちゃんはJazzminshroomという名前でソロ活動もしていまして、映画に楽曲提供していたりもします。

僕と違って顔が広く色んな分野の知り合いが多く、その流れで映画への楽曲提供と主人公の友人が演奏しているバンド役のエキストラとしての出演の話が来たそうです。

絵的にパッとしない僕は映像作品に参加するのは避けたいところなのですが、こういう機会はもうないでしょうしバンドメンバーと一緒ということなので、話のネタの一つとして参加させてもらいました。

ちなみにギターのNozomu君はすでに帰国していて、ギタリストは2代目のコウスケ君です。

(コウスケ君もすでに帰国していて、STAYというバンドで日本で本格的にバンド活動をしています。)

公開となったのは2014年ですが、僕たちが参加させてもらったシーンの撮影は2012年に行われています。

(その時の様子はこちらをどうぞ。)

映画の楽曲提供だなんて凄いですよね。

いつかは自分にもそんな機会が訪れたらいいなぁと思います。

そのためにはもっと編集のスキルを磨いて、機材もきちんとしたものにしていかないといけませんね。

それにしても、貴重な体験をさせてもらいました。

アッちゃんさまさまですね。

 

ちなみに映画のタイトルは「Blue Tide」といいます。

トレーラーでも最後にちょこっと映っていたりします。

監督さんのご配慮が嬉しいですね。