なんと一人でお店の場をもたせることに!

なんと一人でお店の場をもたせることに!

この週末も自分のプロジェクトをお休みして練習と譜面の準備に明け暮れています。

なぜかと言いますと、実は、なななんと、今週の月曜日と金曜日は自分一人でステージを受け持つという事態になってしまったからなんです。

あららら〜。

当初の予定では月曜日だけの予定だったのですが、シンガーのKaoriさんだけでなくボッサ弾き語りストのShinshiさんまで所用でちょっと日本に行くことになってしまいまして、2夜もRiocato弾き語りで場をもたせないといけない羽目になってしもうたです。

大丈夫かなぁ〜、CAN-ZOさんの客足が減らなければいいんですけど。
(^^;

一人で場を引っ張るにはそれなりに曲数も揃えておかないといけないなぁということで、あれやこれやと好きな曲を引っ張り出して譜面を用意しては、その曲を体に馴染ませるために延々と練習を繰り返すという状態です。

さて、久しぶりの弾き語りとなったこの前の月曜日ですが、実際に演奏した実感としては厄年前の頃と比べると多少は安定するようになってきたかなぁという手応えを感じました。

まぁ、本当にちょっとだけなんですけどね。

でも自分としては歌のピッチがマシになってきたのがとても心強かったです。
今まではピッチ悪いなぁ〜というのが気になって気になって歌っていて凹んでいってましたからね。

高音域ギリギリのところで声が裏返ってしまうことがあったので、今の緊急の課題はそれを防止することですね。

ギターの課題としては、ナイロンガットでもきちんとバリッとメリハリの効いたリズムを打ち出せるようになることです。

ナイロンって優雅な演奏をするにはもってこいなんですけど、リズムとなると本当に難しいです。
スチール弦だと難なく出せるリズムでさえナイロンではそうはいきません。

月曜日に弾き語りをしてみて、今の自分のスタイルでは場を落ち着かせることはできても盛り上げることはできないので楽しい会話で盛り上がるお店の雰囲気をトーンダウンさせてしまう恐れがあることを実感しました。

その場その場の雰囲気や、その日のお客さんのムードなどに合わせた音楽を提供したいと思うので、このまま「これが自分のスタイルだから」なんて感じでゴリ押すのは避けたいものです。

ということで、月曜日の演奏が終わってからはミドルアップテンポな感じのレパートリーを増やして練習を重ねています。

最初はスチール弦とナイロン弦のギターをそれぞれ持って行って対処しようかと思ったのですが、どうせなら自分のスタイルとして将来的に取り入れていこうと思っていたナイロンでのリズムワークに挑戦してみました。

クオリティ的にはまだまだなのですが、それでももうちょっとで実用可能なところまで行けそうなのでこの月曜日にお店で試してみたいと思います。

それにしても不思議なものですね。

いつかは手に入れようと思っていたら色々なことに優先順位を持って行かれて後回しになって、いつまでたっても手に入れることができないままだったのに、必要に迫られたとたんに短期間で集中して半ば強引にでも手に入れていく羽目になるとは…。

月曜日の演奏で進歩も感じられましたが全体としては演奏の不甲斐なさに凹んでいたんですけどね、落ち込んでいても次のステージはやってきますし、練習時間や対処法を用意する時間は消費されていってしまいます。

ウダウダ言っている暇があったら課題を乗り越える工夫と努力をしろやという声がどこからともなく聞こえてくる気がします。

「現場」という言葉の重みをひしひしと感じます。

制作に集中していたかったんですけどね、ちょっと寄り道して転びながらでもいいから弾き語りのスキルを上げておきなさいということなんでしょうかねぇ。

月曜日にはまだShinshiさんがいてくれたので、演奏の程度は別としてまだなんとかなりましたけど、明日と金曜日は本当に独りです。

準備が整ってきた時に機会が訪れると言いますし、今まで3年ぐらい通勤車内発声&歌の練習を重ねてきたものを実際のステージで使えるところまで持っていくステップにたどり着いたということかもしれないと自分に言い聞かせて本当に苦手な人前での歌に独りでチャレンジしてきます。

何回かポッキーのように簡単に心がポキっと折れてしまうだろうなぁとは思いますが、自分の目指すものを手にするためにはいつかは乗り越えていかないといけない壁に手をかけていかないといけませんね。

その時がやってきたのかなぁということで、不安や心配よりも辿り着きたい場所を視野に入れて取り組んでみます。

さてさて、今日も譜面の作成と練習に明け暮れるとしますか。

弾き語りを色々と研究していく中でカポの効果の大きさに驚くことの多いLAの秋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です