2009年、ボサノヴァを自分の軸となるスタイルとして人前での演奏を始めた頃の演奏です。

まだ歌は音痴だったのでボーカルを探していたところ、まおちゃんと知り合い、送ってもらった音源の歌声を聴いて彼女に即決したことを覚えています。

ちょっとハスキーで憂いをたたえたもの哀しげな歌声。

本当に自分が求めていたシンガーと出会えて喜んでいたのですが、しばらくして彼女が帰国することとなってしまいまして、せめて一回は人前で演奏しようということで企画したライブイベントでした。

自分の思いつきで始めたはいいものの、場所をどう借りるか、どこがいいのか、イベントってどう進めればいいのか、参加してくれるミュージシャンはいるのか、何も分からない状態でした。

多くの友人達の協力で会場も決まり、共演してくれる参加者も集まり、それなりに人も集まってくれて、ボーカルのまおちゃんの餞別ライブとしてそれなりの形にすることができました。

もちろん、一緒に演奏してれた当時のグループのメンバー、ギターのカズさん、パーカッション(本来はドラマー)のケンさんがいてくれたからこそなのは言うまでもありません。

曲はボサノヴァの代表曲とも言える、「イパネマの娘」です。