2009年のライブです。

いくつものバンドがタイバン形式で演奏するロック&ポップス系のイベントだったんですけど、イベント主催者側が演出のために用意したスモークマシーンが思ったように機能せずに近くにあった自分が使っているアンプにスモークがかなり被ってしまい、アンプが調子悪くなって音が出にくくなってしまいました。

ノイズに悩まされるだけでなく音も出にくくなるとは…。
ライブというのはトラブルがつきものだと思い知らされる演奏となりました。

音で楽しませることができないならせめて見た目だけでもと、ちょっと動きを激しくすることを心がけました。

ギター&ヴォーカルがマイクに固定されてドラマーとの3ピースですから、ここでベースが棒立ちになってしまっては本当に絵的につまらなくなってしまいますからね。